アレルギー性結膜炎が起こるのはなぜ?


体は、外から侵入してくる異物(アレルゲン)に反応して、そのアレルゲンを排除しようと免疫反応を起こします。

本来は、体を守る反応が免疫反応ですが、体にとってマイナスに働くのがアレルギーです。

このアレルギー反応が目の粘膜(結膜)に炎症を起こすのがアレルギー性結膜炎です。

結膜は、白目の表面をおおっている眼瞼結膜からなっていて、眼球とまぶたを結びつける粘膜なので、結膜と呼ばれています。

結膜は目のいちばん外側にあるため、外界からの異物にさらされやすい環境にあります。

空気中に浮遊しているアレルゲンが付着すると、結膜の表面でアレルギー反応が起こります。

すると、さまざまな化学物質が放出され、結膜の表面を通っている血管を拡張させたり、涙の分泌を促進したりして、不快な症状を引き起こします。

アレルギー性結膜炎症状の典型はかゆみ

アレルギー性結膜炎のもっとも特徴的な症状は、目のかゆみです。

アレルギー性ではなく、細菌やウイルスが原因の結膜炎は、涙や目やに、異物感が特徴です。

アレルギー性結膜炎になると、目がとてもかゆくなります。

次に、結膜が炎症のために赤くはれて白目が充血し、まぶたが腫れぼったくなります。

また、粘り気のある白い目やにが出たり、涙が止まらなくなったり、という症状も引き起こします。

まぶたの裏の眼瞼結膜に、濾胞という小さなコブができると、ゴロゴロ感が発生します。

ひどい場合は、角膜にまで炎症が起こり、角膜潰瘍や角膜混濁を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

目は、鼻やのど、気管支と近い位置にあるので、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎と併発する可能性が高いです。

アレルギー性結膜炎は、典型的な場合は症状から診断できますが、結膜炎は、細菌やウイルスの感染、外傷、薬物などが原因で起こることもあります。

結膜炎は、原因によって治療法がまったく変わってきますので、自分で判断せず、眼科を受診することが大切です。

感染性結膜炎にも注意が必要

結膜に細菌やウイルスが侵入すると、反射的に涙の分泌が増え、洗い流そうと体は反応します。

涙には殺菌作用があるのです。

細菌性結膜炎の原因菌は、ブドウ球菌、肺炎球菌などがあります。

有効な抗生物質を点眼すれば、3~4日で充血はおさまり、目やにもなくなります。

目やにが出る期間は他人に感染する危険があるので、注意しましょう。

ウイルス性結膜炎には、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスで起こる急性出血性結膜炎と、アデノウィルスで起こる流行性角結膜炎などがあります。

通常、結膜炎では視力低下は起こりませんが、アデノウイルスに感染すると、まれに角膜に小さな混濁が残り、一時的に視力低下を引き起こすことがあります。

細菌やウイルスによる結膜炎は、きっちり最後まで治療することが大切です。

細菌性、ウイルス性の結膜炎は、感染力が強く、人に感染することが多いので、アレルギー性結膜炎と混同することなく治療しましょう。

アレルギー性結膜炎は原因を調べることが大切

春になると、まるで季節病のように、耐えられないほどの目のかゆみや、鼻水が止まらないなどの花粉症の症状に悩まされる人は多いですね。

これはスギやブタクサなどの花粉がアレルゲンとなっている場合ですが、アレルギー反応を誘発する物質は、それだけではありません。

例えば、春から夏にかけて再発をくりかえし、冬になると症状が軽くなる春季カタルというアレルギーがありますが、このアレルゲンはダニが多いと言われています。

アレルギー性結膜炎のアレルゲンは、ほかにも、カビ、ホコリ、動物の毛やフケなどのハウスダストなどが考えられます。

また食物アレルギーで起こることもありますし、さらに目薬や、アイシャドー、マスカラなどの化粧品、コンタクトレンズが原因になる接触性のアレルギーもあります。

指先から少量の血液を採って20分ほどでアレルゲンがわかる検査がありますので、気になる方は、専門医を受診して相談してみましょう。

アレルギー性結膜炎の診断と治療

アレルギー性結膜炎の診断

アレルギー性結膜炎の診断は、それほど難しいものではありません。

問診では、症状の季節性、持続期間、目やにの有無や状態、全身の合併症、現在服用している薬などを聞かれます。

さらに充血や、まぶたのはれ、涙の状態などを観察します。

また血液検査による抗体検査のほか、涙液の中の抗体検査、皮膚のパッチテストによるアレルゲンの診断などを行う場合もあります。

アレルギー性結膜炎の確定のために、眼球の表面の細胞をこすって見る検査を行うこともあります。

痛みはほとんどなく、数分で確認できる検査です。

このような検査で、アレルギー性結膜炎と診断されたら、治療を行います。

治療は、大きく分けて抗アレルギーの目薬や内服薬を使う方法と、減感作療法があります。

目薬や内服薬による治療

点眼薬は抗アレルギーの点眼薬を使用します。

軽症の場合は、この点眼薬だけで効果が出ます。

これで効果が出なければ、抗アレルギー薬を服用する場合もあります。

症状がひどい場合は、ステロイドホルモン薬が使われる場合もあります。

ただし、アレルギー治療薬のステロイドホルモン薬は副作用が強く、多用すると白内障や緑内障を起こすリスクが高まります。

これらの薬を使う場合は、医師の指導に従いましょう。

花粉症など季節性アレルギー性結膜炎の場合は、発症が予想される時期の2週間くらい前から抗アレルギー薬を使用すると、症状が軽くなります。

場合によっては、抗ヒスタミン約や漢方薬を補助的に使用するのもいいでしょう。

春季カタルに対しては免疫抑制薬の、点眼がこの数年でよく行われるようになりました。

濃度が薄いのでステロイドホルモン薬より副作用が少ないのですが、高価なのが難点です。

免疫療法

スギ花粉症の根本的な治療法として、アレルゲンエキスを薄めて投与し、体をアレルゲンに慣らしていく免疫療法がります。

ただし、効果が出るまでに約3カ月かかり、効果を持続するのに最低2年は継続する必要があり、治療には根気が必要になります。

以前は注射によってアレルゲンエキスを投与していましたが、最近は舌下免疫療法が 5歳以上の子供にも行われるようになり、効果を上げています。

【関連記事】
カナバニンで口臭、蓄膿症改善!カナバニンを摂取できる「なた豆茶」ランキング
鼻づまり解消効果のあるお茶厳選10種をランキング
スピルリナサプリをランキング
マキベリー含有サプリを厳選10種ランキング形式で紹介します
目にいいサプリ厳選10種をランキング
ブルーベリーサプリをランキング
コレステロール値を下げると人気のサプリ厳選10種をランキング!本当に効果があるのはコレ!
目の疲れを取るサプリ
目にいい食べ物・栄養素
スーパーフードサプリをランキング
ルテインサプリ厳選10種をランキング!本当に効果のあるルテインサプリはどれ?
DHAサプリ10種をランキング
眼精疲労に効く人気サプリをランキング
アントシアニンサプリ10種を厳選してランキング!最もアントシアニン量の多いサプリはどれ?
アントシアニンを含む食べ物
アントシアニンを含む野菜
アントシアニン配合量と吸収率で選ぶ!ブルーベリーサプリ人気ランキング